2012.1.16

科学賞の「入選」とO様のインタビュー。

福山市で長期優良住宅ならWB工法とシラス壁のツカサホームです。
こんにちは。大工の祥ちゃんこと藤井祥司です。

今日は、曇り空で、冷え込みは少ないです。

そんな朝ですがWB工法の我が家の温湿計によりますと、
今朝の温度、湿度は、

   室温:12.7℃ 湿度:41%
   室外: 5.4℃ 湿度:44%(5:18)
   床下:11.0℃
   部屋:14.1℃(中)
   天気:くもり

でも、お日様が出てないので、気温が上がらなくて、
寒いですね。やっぱり、お日様が恋しいですね。

P1050791.jpg

(ここに立つと準特選のようですが…)

昨日は、実穂子の「入選」が展示してあると
いうことで、市役所のロビーに行きました。

実は、自分のモノを見るというより、
他のレポートがどんな題材で作成されているか?
を見るのが楽しみだし、来年のヒントになるようです。

今回、実穂子のレポートは「無動力で噴水はできるのか?」
というもので、ヘロンの噴水を作って実験しました(僕が?(笑)が、
福山市で唯一の準特選は、「振り子の共振」でしたね。スゴイです!

香菜子なんて、同学年のレポートを見て「さっぱりわからん!」
とか言ってるくらいですから…ハハハ。

P1050744.jpg

さてさて、1月28日(土)、29日(日)は、
神辺町(神辺旭高校の西北側)で完成住宅見学会を
予定しております。

そして、それに向けてO様にインタビューをさせて頂きました。

うれしい話や、これから家づくりをされる方に役立つ話など、
たくさん聞かせて頂きました。

4年程前に本格的に家づくりに動いていました。
その時に「高気密・高断熱」を奨められましたが、
何だか違和感がありました。

「ちゃんとした塗り壁の和室を造る会社」に頼み
たいと思っていたところで、御幸町S様邸の見学
会のチラシに「広縁のある和室」があり、GO!

そこで、初めてWB工法の話を聞かせてもらって、
以前から感じていた違和感がスッキリと解消され
ました。

‘カビのない家’‘湿気のこもらない家’まさに、
私たちが思っていた家でした。

そして、千田町の構造見学会で、大きな梁や柱な
ど構造もシッカリしていて、今までにない安心感
がありました。

そして、大工の祥ちゃんの言葉に、‘いい家を建
てる’というポリシーを感じました。

いろいろな家があって悩むけど、見た目に惑わさ
れず、中味(構造)を大切にした私たちは、本当
に「いい選択だった」と思います。

大工さんから提案があったり、現場のチームワー
クもよくて、建ててる途中も大満足です。

工事が終わってしまうのがちょっと寂しい感じ
です。      (2012.1.8インタビュー)

 

他にも、風水を考慮した間取りや、収納の確保、

家事の効率を考えた作り込みなど、見どころが

たくさん、ヒントがたくさん詰まってます。

どうぞ、お楽しみに!

是非、都合をつけて、寄ってみてくださいね。

カテゴリー

  • イベント情報
  • お知らせ
  • 大工のひとり言
  • 最新の投稿

    バックナンバー

    イベント情報