2015.1.27

学級閉鎖と外壁サイディングと完璧。

福山市でパッシブデザインの健康住宅なら、

WB工法とシラス壁のツカサホームです。

こんにちは。

大工の祥ちゃんこと藤井祥司です。

今日は雨上がりで少し暖かいです。

そんな朝ですが、WB工法の我が家の温湿計によりますと、

今朝の温度、湿度は、

   室温:13.9℃ 湿度:49%

   室外: 8.1℃ 湿度:85%(5:05)

   床下:12.1℃

   部屋:15.6℃(小)

   天気:晴れ

昨日は、県広が入試のため香菜子が休み(1日だけ)でした。

そして、今日と明日は実穂子が休み。

でも、こちらはインフルエンザにより学級閉鎖です。

先週は、1年生が学年閉鎖になってたらしく、

週が明けて、2-Cの欠席者も増えてしまったようです。

附属福山は、今週末から11日間が入試のため休み(長っ)

になるようで、それにプラスですから…じぇじぇじぇ

はい、お母さんが嘆いております。

それにしてもインフルエンザです。

受験生とその周りの方々は気が気じゃないと思いますが、

何とか乗り切ってほしいです。

P1080570.jpg

 

さて、神辺町のY様邸です。

いよいよ仮設足場も撤去されて、

その美しい外観が姿を現しました。

Y様邸は、外壁をサイディングにしてますが、

このサイディングは、今後、メーカーが一番力を入れていく!

という‘シーリングレス’の「四方合決り」の仕様です。

通常のサイディングは、接合部分をシーリング目地にしますが、

この「四方合決り」仕様は、シーリング目地を‘無し’にして、

接合部が目立たないようになってます。

さらに、シーリングは10年~15年で打ち替えが必要になりますが、

シーリング目地が無いので、その必要も無い!

というのが最大の特徴です。

ただ、その分?施工は‘超’難しくて、池田さん(サイディング施工)も

「これは大変!めちゃめちゃ難易度が高いよ。」と言いながら、

「腕のみせどころってことじゃけどね~」と闘志を燃やしていました。

まだサッシ廻りや、庇廻りなど、完璧に‘シーリングレス’

というわけにはいきませんが、やっぱり目地が無いのは美しいですね。

P1080518.jpg

ちなみに、外壁の「壁」は「土」。

完璧の「璧」は「玉」です。(なぜ、玉か?は長くなるのでまたの機会に)

気を付けましょう!入試(に出るかも?)でつなげてみました。チャンチャン。

まだ少し先ですが、完成見学会を3月7日(土)8日(日)に予定しておりますので、

是非、ここも!見に来てください。

カテゴリー

  • イベント情報
  • お知らせ
  • 大工のひとり言
  • 最新の投稿

    バックナンバー

    イベント情報