2018.5.18

夏仕様に切り替えましょう!!

こんにちは。
WB工法で、空気がキレイで『深呼吸したくなる家』を建てている
ツカサ工務店の大工の祥ちゃん相方こと、藤井慶子です。

 

最近、朝起きると大汗💦をかいているのは私だけでしょうか?

 

WB工法の我が家の温室度計によりますと
今朝の温度、湿度は、
 室温:24.5℃ 湿度:66%
 室外:21.8℃ 湿度:87%(5:39)
 床下:18.6℃
 部屋:24.6℃
 天気:晴れ

 

WB HOUSEにお住いの皆さまへ

そろそろ、ロフトの窓を少し開けましょう~!

次に、シーリングファンをリモコンを開いて

『夏』仕様に切り替えてください。

W1200Q75_IMG_3533

 

逆回転になるので、年2回の掃除の1回目となります(笑)

出来たらモップなどでシーリングファンを軽く拭いてください。

すると…

見事なホコリが降って来ます(笑)

しばらくして、掃除機でガ~ッと吸い取ってください。

 

夏仕様で、忘れてはいけないことがもう一つ

家中のフローヘルスを開けて回ってください!

W1200Q75_IMG_3535
フローヘルス OPEN

これで、夏仕様になりました!

 

ロフトの窓は、これから梅雨になって雨・風が強い時にはもちろん忘れずに閉めてください(笑)。

 

WB HOUSEをお考えの皆さまへ

ツカサ工務店では、2階より高い場所(ロフト)を造ることで温かい空気を外へ逃がして夏も2階をちょっとだけ涼しく使えるように考えています。

その為、ロフトには小さな窓を付けています。

夏は、その窓を少し開けておいてもらうと

家の中の温かい空気がその窓から逃げてくれます。

 

ロフトに家の中の温かい空気を運ぶ手伝いをしてくれるのが

『シーリングファン』です。

放っておいても温かい空気は上昇してくれるのですが…

リモコンを『夏』に切り替えることで、少しだけ力を貸してもらって空気を引っ張り上げてもらいます。

 

フローヘルスは、

床下の涼しい空気を部屋の中に取り込むための穴です。

床下は、ベタ基礎と言ってコンクリート張りになっています。

夏は、外気温が35℃になっても

床下は、28℃くらいです。

これは、最近のエアコンの設定温度ですよね。

折角だから、その涼しい空気を部屋の中に使いましょう!

と考えたのが、『フローヘルス』です。

虫が入らないようにキチンと網がついています。

 

 

WB HOUSEの部材は、基本的には『形状記憶合金』なので

放っておいても勝手に開閉してくれますが、

この『フローヘルス』だけは、手動なんです。

人それぞれで、暑さ寒さを感じる度合いが違いますもんね😉

 

もし、

WB HOUSEに興味をもたれましたら

まずは、見学会に来て身体で感じていただくのが一番です。

違いの分かる人には、響く WB HOUSEです。

 

今のところの見学会の予定は、

6月末?7月初旬?の予定です。

楽しみにしておいてください。

 

ふぅ~汗💦

 

カテゴリー

  • イベント情報
  • お知らせ
  • 大工のひとり言
  • 最新の投稿

    バックナンバー

    イベント情報