2011.1.21

実穂子の誕生日と高齢者向け返済特例制度。

福山市で長期優良住宅ならWB工法とシラス壁のツカサホームです。
こんにちは大工の祥ちゃんこと藤井祥司です。

今日も、いい天気です!
昨日よりさらに寒さも緩んで、外気温も氷点下になってないです。
我が家では結露も見られないし、車のフロントガラスも凍ってなくて、
スムーズなスタートです。

そんな朝ですがWB工法の我が家の温湿計によりますと、
今朝の温度、湿度は、

   室温:12.1℃ 湿度:33%
   室外: 1.6℃ 湿度:54%
   床下:10.2℃
   部屋:15.0℃(蓄熱式電気暖房器(中))
   天気:晴れ


P1010279.jpg

1/20といえば実穂子ちゃんの誕生日!
10歳の誕生日は、手づくりピザとずっしりパウンドケーキで
お祝いでした。

そして、我が家では、誕生日は「お父さんお母さんに感謝する日」
となっております。

P1010284.jpg 

というのとで、恥ずかしがり屋?の実穂子ちゃんは、
その感謝の気持ちを手紙にしてくれました。
(家族限定となってましたので裏のみで…)

 


高齢者向け返済特例制度.jpg※クリックすると大きくなります。

 

さて、実は昨日も広島で勉強会でした。

『高齢者向け返済特例制度』というものです。

これは、60歳以上の方が対象になる公的融資で、
段差があって住みづらいとか、手すりが付けたいとか
といったバリヤフリー対応のリフォームや耐震改修の工事をするための
費用を貸してくれるというモノです。

普通?銀行では70歳以上の高齢者の方には
融資をしてくれません。

そこで、高齢者住宅財団と住宅支援機構が作ったのが
この制度です。

年金しか収入がない方でも、土地と建物を担保にして
1000万円まで貸してくれます。(審査があります)

しかも、毎月の支払は利息のみ。

???どういうこと?って思いますよね。

これは、借りたお金は、最終的には亡くなった時に
返済するというかたちで、もちろん貯蓄からでもいいし、
無い場合は、担保にした土地と建物で支払いが出来るという仕組みです。

実際には、年間で80件くらいしか利用されていない制度ではありますが、
「こんな制度があるのなら、考えてみようか!」
という方のために勉強してきました。

この制度は、その性格上、充分な説明と聞き取りが必要なため、
カウンセラーの資格が必要なんです。
(まあ、カウンセラーといっても20個の質問をするだけですが…)

ということで、もし、「こんな制度があるのか?」
とピンときた方はご相談ください。

カテゴリー

  • イベント情報
  • お知らせ
  • 大工のひとり言
  • 最新の投稿

    バックナンバー

    イベント情報