2011.5.23

リフォーム・エクステリアフェアと「あかりと色彩」について

福山市で長期優良住宅ならWB工法とシラス壁のツカサホームです。
こんにちは。大工の祥ちゃんこと藤井祥司です。

今日は、朝から雨です。
ちょっと肌寒いくらいの朝です。

そんな朝ですがWB工法の我が家の温湿計によりますと、
今朝の温度、湿度は、

   室温:22.4℃ 湿度:47%
   室外:16.6℃ 湿度:68%(5:13)
   床下:18.4℃
   部屋:23.6℃(蓄熱式電気暖房器(OFF))
   天気:雨    
   

早朝、駅に着いてから「寒い…上着がほしい…」と言う娘。
もちろん、持って来てないので、そのまま電車へ。

「いい家(WB工法の家)に住んでいると、
 外が寒くても気づかない?こんな問題が発生するのよね…」
と送りに行った妻がボソっと言ってました。

 

P1020411.jpg

P1020412.jpg

(2日目はツカサのブースもちょっとだけパワーアップしました) 

 

さて、この土、日に行われたリフォーム・エクステリアフェア
ですが、おかげさまで2,949名の来場がありました。

正直、くたびれました。
目の前で、大きな声でアナウンスされたり(同じことを何度も繰り返し)、
大音響やまぶしい照明など派手な演出に一日中さらされると?
目や耳が刺激されて、こんなに疲れるんだなーという感じです。

田舎者の僕にはつらい…という感じです。
同じ大音響でもカエルの大合唱は寝れるのですが…ハハハ。

 

P1020406.jpg 

さてさて、このリフォームフェアで行われたクロマ色彩研究所
岩本千莎土さんの「あかりと色彩」のセミナーでいい話を
聞かせて頂きました。

壁や天井や床などの色を決める時には、
「自分の肌の色の明るさと同じもの選ぶと落ち着いてイイ!」
ということです。

その理由は、「同じ明るさ=色の反射率」ということですが、
人の肌はだいたい50%らしいです。
ちなみに白が100%で黒が0%です。
木の色 杉:50% 桧:53%、そして、畳が40%くらいだそうです。

自然素材の家が落ち着いて感じるのは、この色の反射率が肌の色に近いから
ということらしいです。

「あかり」の方では、リラックスしたい場所には白熱灯色、
仕事をテキパキこなす場所は蛍光色…ということです。

あと、「家の色彩で重要な役割をするのがカーテンです」と言われて、
欲を言えば、夏と冬で入れ替えるくらいが理想です…と。

入れ替えは難しいかもしれませんが、やはりカーテンは大事ですよね。
新築をして、最後の最後にカーテンでガッカリ…てことにならないように。

はい、ツカサホームにはサラさんが着いているの安心してください。
安くていいオーダーカーテンをご用意します。
なぜか、最後はサラさんの宣伝になっちゃいました(笑)

カテゴリー

  • イベント情報
  • お知らせ
  • 大工のひとり言
  • 最新の投稿

    バックナンバー

    イベント情報