2021.7.22

J様邸、シラスそとん壁完成しました!

こんにちは。
WB工法で、空気がキレイで『深呼吸したくなる家』を建てている

ツカサ工務店の大工の祥ちゃん相方こと、藤井慶子です。

 

今週は、良いお天気なので

良いお天気過ぎるとも言う?

暑い日が続いています。

熱中症警戒アラートが発令されている場所もあるようです。

皆さま、お身体に気をつけてお過ごしください。

 

 

今朝の、
WB工法の我が家の温室度計によりますと
今朝の温度、湿度は、
 室温:27.1℃ 湿度:66%
 室外:24.5℃ 湿度 :  75%(7
 床下:23.0℃

 天気 晴れ

 

 

ツカサ工務店がお薦めしている外壁材の「シラスそとん壁」。

なぜ?お薦めなのか?

・手塗りの風合いがいい!

 他の家と「ちょっと違って」「ちょっとイイ感じ」を味わえる

・汚れにくい

・経年劣化がないので、塗り替えの必要がない!

 メンテナンスフリー

初期費用は、サイディングよりちょっと掛かります。

が、あとの費用が掛からないので安心

だからです。

 

J様は、

W-126 を選ばれました!

 

材料は、とてもデリケートなんです💦

一面を塗る材料は、一度に練らないと色むらが出てしまいます。

塗り足しをしてしまうと、仕上がりの色むらになってしまうということです。

1日で、二面ずつ塗っていきます。

ツカサ工務店でお願いしている三上左官さん

何軒も塗っていただいているので、匙加減もよ~く分かってくださっています💪

 

塗って一日経った状態

 

 

塗ったばかりの状態

 

塗りたては、水分が残っているので湿った感じです。

日が経つにつれて、乾いてくるので

段々と本来の色に落ち着いてきます。

 

 

シラスそとん壁は、スチロゴテで引っ掻いて仕上げていきます。

この引っ掻き具合いが、左官さんの腕の見せどころとなります。

 

三上左官さんの道具を見せていただきました。

 

色んなコテがあるのねぇ~

と思ったら…

なんと(゚Д゚;)、全て同じコテだそうです💦

→の付いているのが、新品のコテ。

段々と使い古してサイズや厚みが変わってきた物だそうです。

一番古いのは…握りが残っているだけですね。

 

新しければ良い!訳ではない

シラスそとん壁の微妙な違いに対応して、使い分け

全体の仕上がり具合を合わせてくれていました。

 

これぞ、職人技!ということですよね💖

 

毎回、片付け・道具の手入れのされ方からも

丁寧な仕事をされる方だと尊敬していましたが…

またまた、ビックリでした。

本当にスゴイ‼

 

日本の家づくりに、左官仕事が少なくなってきたからでしょうか?

左官職人さんも少なくなっていると聞いています。

頼りにしています💪

暑い中の仕事ですが、身体に気をつけて

よろしくお願いいたします🙇

 

カテゴリー

  • イベント情報
  • お知らせ
  • 大工のひとり言
  • 最新の投稿

    バックナンバー

    イベント情報