2011.1.13

来たー!マイナス2.5 ℃です。合格通知も来ました!

福山市で長期優良住宅ならWB工法とシラス壁のツカサホームです。
こんにちは大工の祥ちゃんこと藤井祥司です。

「来たー!」という感じです。
今朝の外気温度は、-2.5℃です。
車も真っ白、フロントガラスもガチガチで寒そうです。

そんな朝ですがWB工法の我が家の温湿計によりますと、
今朝の温度、湿度は、

   室温:11.1℃ 湿度:35%
   室外:-2.5℃ 湿度:57%
   床下:10.9℃
   部屋:14.6℃(蓄熱式電気暖房器(中))
   天気:晴れ

 

P1010211.jpg

 

ウッドビルドのある長野では、-8℃だったらしいですから、
まだまだ、カワイイ…と言われそうですが、この辺りでは、
ほぼ最高の冷え込みですよね。


さて、「来た!」といえば、これです。

P1010215.jpg 

はい、合格通知書です。

とりあえず、第一弾がいい結果でよかったです。
ひと安心です。でも、本番はこれからなんですが…。


さて、僕の大きな名刺には、「家に出来ることがたくさんある」
という言葉があります。

『家』って、雨風をしのぐだけではない…という僕たちの
家づくりの根っこのところです。

その中の一つに『よい子が育つ家』というのがあります。
(頭のよい子=勉強ができる子ではありません)

P1010218.jpg

 

これは、四十万靖さんの本などで紹介されているのですが、
その中で、「親子のコミュニケーションがとりやすい間取り」
という部分は、プランを考える上で大きなウェイトを占めます。

 

我が家では、娘たちはダイニングテーブルの上で勉強します。
ですから、ダイニングテーブルの上には、消しゴムのカスが
いっぱいだったり、鉛筆でまっ黒だったりします。(トホホですが)

でも、昨日も「時事問題で…去年、火山が噴火して、その火山灰で、
飛行機が飛べなくなったりした、ヨーロッパの国って、どこだっけ?」
などという会話が出来たりします。答えは最後に。

ということで、我が家は壮大な実験でもあるんですね。
(ちょっと大袈裟かな?)

 

このように『頭のよい子が育つ家』を考えている方には、
力になれるように準備しております。

 

誰の言葉だったか、どこかに書いてあった言葉ですが、
受験も『準備したか?』だけ…らしいです。


答え…アイスランド

カテゴリー

  • イベント情報
  • お知らせ
  • 大工のひとり言
  • 最新の投稿

    バックナンバー

    イベント情報