2020.8.4

WBHOUSEに住んで16年目になります

こんにちは。
WB工法で、空気がキレイで『深呼吸したくなる家』を建てている
ツカサ工務店の大工の祥ちゃん相方こと、藤井慶子です。

 

8月4日は、

大工の祥ちゃん家 引っ越し記念日です。

WBHOUSEに住んで、16年目になります🎉

 

 

今朝の、
WB工法の我が家の温室度計によりますと
今朝の温度、湿度は、
 室温:27.7℃ 湿度:71%
 室外:24.2℃ 湿度:88%(6:10)
 床下:23.7℃
 部屋:26.9℃
 天気:晴れ

 

 

今日から、大工の祥ちゃん家は

WBHOUSE16年目に突入です。

小学1年の長女が大学4年になりました。

最初のひと言は、

「なんだか我が家じゃないみたい~リゾートに来ているみたい💖」

から始まったWBHOUSE生活です。

 

 

WBHOUSEの暮らし方をご紹介します。

16年の間に、夏の外気温が高くなっているように感じます。

しかし、夏は 起きてから朝8時頃までのちょっと涼しい空気を部屋に取り込んだら

窓を閉めて午前中は扇風機だけで過ごせています。

私は、午後から仕事に出るので

午後イチの室内(上)と室外のウッドデッキ(下)の温度差です。

 

夕方、帰って来ると

さすがに締め切っているので、少し暑いです。

外の温度と部屋の温度を比べて、一旦窓を全開にします。

(温度計をよく見るようになりました)

風があると、これだけでも幸せな気持ちになれます。

無風な時、外でごみを燃やして煙たい時などはエアコンのスイッチを押しています(笑)

 

住み方が、以前とは違ったのでしばらくは戸惑いました。

が、自分で体感することで

この方法が一番涼しいと分かったので、続けています。

 

多分、今のWBHOUSEの方が断熱材の厚みなども進化しているので

もう少し?もっと?涼しいのではないでしょうか?

 

WBHOUSEに住んで変わったことは、

臭いに対して敏感になりました。

コットンクロスが、湿気と共にニオイも屋外へ逃がしてくれるからでしょうか

家の中にイヤな臭いが留まりにくい!

焼肉(滅多にしませんが💦)のニオイも翌朝には気になりません。

ニオイの無い生活をしているので、

芳香剤や柔軟剤のニオイがツライ~ということがあります。

 

あとは、

部屋干しが乾くことは、先日書いたのでそちらで。

暑い時期に書くとピンときませんが、結露に悩まされなくなりました。

 

15年間、WBHOUSEに住んでみての感想を、簡単に書いてみました。

 

 

 

 

大工の祥ちゃん家、玄関庇屋根です。

寺社仏閣を造っていた「ツカサ工務店大棟梁こと」故藤井定の力作です💪

今でも、玄関を出ると見上げて義父のことを思い出すことがあります。

16年前は、こんなにキレイでした✨

 

16年経つと、栗の柱は黒々としたイイ~色に💦

 

草の無い、キレイな庭でした(笑)

 

コツコツと木を植え、花を植え、アプローチも作りました。

まだまだ、進化中の庭です(笑)

 

続き間だった子ども室が、一旦本棚とタンスとスクリーンカーテンで仕切られたこともありました。

今は、またまた続き間に戻っています(笑)

今後、どのように変化するのか?楽しみです💖

 

庭は、やりたいことが定まらず試行錯誤で楽しんでいる途中です。

庭造りは、ツカサ工務店でWBHOUSEを建てられたOB様とお話しながら参考にさせていただいています。

 

以上、16年目を迎えた藤井家でした💦

カテゴリー

  • イベント情報
  • お知らせ
  • 大工のひとり言
  • 最新の投稿

    バックナンバー

    イベント情報